沓掛 磨也子

KUTSUKAKE Mayako
研究職
企画本部 地域部 部長(兼務: 生物システム研究グループ 研究グループ付)

研究課題

昆虫社会の成立・維持に関わる分子基盤の解明
昆虫における社会性の進化に関する研究
昆虫による植物の形態操作メカニズムの解明
研究キーワード
社会性昆虫、生物間相互作用、操作
応用分野
生物機能利用
使用技術
遺伝子解析、ゲノム解析、タンパク解析

生物界における未発掘の遺伝子資源を利活用するため、昆虫を対象に、新たな生理活性物質や生命現象の解明を目指した研究を行っています。特に、社会性を持つアブラムシに着目し、兵隊階級が示す特異かつ高度な生物機能や社会行動の分子基盤解明に向けた研究を展開しています。また、アブラムシが植物上につくる虫こぶ形成メカニズムについて、分子生物学的アプローチからの研究にも取り組んでいます。